二宮 佑己子(にのみや ゆきこ)/ピアニスト

 

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。パリ地方音楽院コンサーティスト課程修了。

スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)第3位、第17回 大阪国際音楽コンクール Age-G 第3位、ショパンコンクール in ASIA 神奈川大会 高校生部門金賞、アジア大会入選、第33回 全国町田ピアノコンクール E部門 第2位 及びカワイ賞、第22回“長江杯”国際音楽コンクール 一般の部 第5位、第2回 ギャラクシティ音楽コンクール 第3位、第49回フランス音楽コンクールピアノ部門第3位及び「山田忍賞」、Île-de-France国際コンクールにてオアナ特別賞 など国内外のコンクールで入賞。

2016年キャップ・フェレ音楽祭(フランス)に出演、優秀な若手演奏家に選出される。

2019年 International Concerto Festival (チェコ共和国)にてBohuslav Martinu Philharmonicと共演。

2019年東京国際芸術協会より受講料全額給付を得て、夏期ウィーン国立音楽大学マスタークラスを受講。

2019年アーチ・エンターテイメント主催「第1回MUSIC VOTE」で投票第1位を獲得し、サントリーホール(大ホール)で演奏。

ソロ演奏の他、連弾ユニット « PianoPample(ピアノぱんぷる) »で日本初演シリーズの定期公演を開催。第5回ODIN International Competitionピアノ連弾部門において第2位を受賞。

作編曲を手掛け、オリジナル曲を自身で演奏する他、ジャンルを越えた楽曲の提供も行っている。

 

これまでにピアノを加納優子氏、山田富士子氏、ピエール・レアク氏、ジェローム・グランジョン氏、エレーナ・ロザノヴァ氏、アンドリュー・クーパーストック氏、ワルター・フライシュマン氏に、フォルテピアノをパトリック・コーエン氏に、室内楽をマリ=フランス・ジレ氏に師事。

Yukiko Ninomiya, pianist

 

  After she graduated in 2014 from the Piano Performance Department of the Toho Gakuen School of Music under the tutelage of professor Fujiko Yamada, she moved to Paris and completed a diplomat of concertiste degree of Conservatoire rayonnement régional de Paris, where she has received coaching by professor Pierre Réach and professor Jérôme Granjon. She also studied forte-piano with professor Patrick Cohen and chamber music with professor Marie-France Giret.

She has won numerous awards both in Japan and overseas, including third prize in the Scriabin International Piano Competition (Paris), Ohana special prize in Île-de-France Piano Competition, third prize in Osaka International Music Competition.

 

She performed as a soloist in concerto with the Bohuslav Martinu Philharmonic at the International Concerto Festival in Czech. 

As the Winner of the first prize at the 'Music Vote' competition, she will perform at Suntory Hall in Tokyo in December 2019.

copyright © 2020 by Yukiko Ninomiya All Rights Reserved.